【Duolingo英語術】Section2-4 電車で旅行する

【Duolingo英語術】Section2-4 電車で旅行する

みなさんこんぬづわー!

英語学習アプリ「Duolingo」で取り上げられている英文をまとめて学習につなげる「Duolingo英語術」、今回はDuolingoのセクション2、4つめのカテゴリ「電車で旅行する」をピックアップします。

ここでは「この電車は〜時に到着します」「切符を〜枚下さい」「観光案内所はどこですか?」と言った、電車(鉄道)での旅に関する表現を中心に学習します。

早速いってみましょう!

セクション2では「簡単なやり取りに必要な単語・フレーズ・文法を学ぶ」ことがテーマになっております

予めご了承下さい
  • 2024年3月6日時点の情報となります
  • 核になる表現はそのままで、単語や細かな言い回し等が変わることもございます
  • 日本語及び英語の文章表記は、公式の表現をそのまま使用しております
  • 最新の情報につきましては、公式ホームページやアプリでご確認下さい
  • 参考情報としてご利用ください。本情報のご利用に基づくいかなる損害に対しても責任は負いかねます
目次

本ユニットで登場した表現

これまでに登場したカテゴリ同様、構文の基本的な形はシンプルですが、似たような単語の組み合わせがとっかえひっかえ登場してしてきます

重要なフレーズ

Two tickets to Toronto, please!
(トロントまでの切符を2枚ください!)

The train leaves at one o’clock.
(電車は1時に発車します。)

Excuse me, where is the platform?
(すみません、ホームはどこですか?)

Oh, is this seat free?
(あっ、この席は空いていますか?)

This train arrives in Toronto at ten o’clock.
(この電車は10時にトロントに到着します。)

回答メモ
  • 別の表現例…ここでは、Duolingoで正解扱いとしている別解が設定されているものについて記載しております

きっぷを買う

基本表現

One ticket to A, please!(A(目的地)までの切符を1枚ください)

Two tickets to A, please!(A(目的地)までの切符を2枚ください)

*出題パターンの傾向としては、切符の購入枚数が1〜3枚、都市はトロント、ニューヨークのいずれかの組み合わせが多い印象です

One ticket
(1枚の切符(きっぷ1枚))

One ticket to Toronto, please!
(トロントまでの切符を1枚ください!)

Two tickets to Toronto, please!
(トロントまでの切符を2枚ください!)

Three tickets to Toronto, please!
(トロントまでの切符を3枚ください。)

One ticket to New York, please!
(ニューヨークまでの切符を1枚ください!)

Two tickets to New York, please!
(ニューヨークまでの切符を2枚ください!)

Three tickets to New York, please!
(ニューヨークまでの切符を3枚ください。)

電車に関する表現

電車に限らず、鉄道全般でも使えそうです

駅、プラットフォームに関する表現

歩廊の意味での「ホーム」は和製英語のようです

Excuse me, where is station?
(すみません、駅はどこですか?)

Oh, where is the platform?
(あっ、ホームはどこですか?)

Excuse me, where is the platform?
(すみません、ホームはどこですか?)

電車が到着

基本表現

A arrives in B at C.(列車AはC時(時間)に目的地Bに到着します)

※時間は複数パターンあり

This train arrives in Toronto at ten o’clock.
(この電車は10時にトロントに到着します。)
別の表現例:This train will arrive in Toronto at 10:00.

This train arrives in New York at ten o’clock.
(この電車は10時にニューヨークに到着します。)
別の表現例:This train will arrive in New York at 10:00.

電車が発車

基本表現

The train leaves at XX o’clock.(電車はXX時に発車します)

I eat a lot of A.(私はAをたくさん食べます。)

The train leaves at one o’clock.
(電車は1時に発車します!)

電車が遅れている

基本表現

The train is late.(電車は遅れています)

Yes, that train is late.
(はい、その電車は遅れています。)

Oh no, the train is late!
(うわ、電車は遅れています!)

Oh, the train is late!
(あっ、電車は遅れています!)

This train is always late!
(この電車はいつも遅れています!)

電車が遅い

基本表現

This train is slow.(この電車は遅いです)

(参考)This train is late. →「遅い」の意味が違うのですが、英訳問題で正解とみなされたことがあります。運転速度が遅い場合は「slow」を使いましょう

This train is slow!
(この電車は遅いです!)

This train is too slow!
(この電車は遅すぎます!)

Oh, this train is really slow!
(あっ、この電車は本当に遅いです!)

Oh no, this train is really slow!
(うわ、この電車は本当に遅いです!)

席は空いていますか?

基本表現

Is this seat free?(この席は空いていますか?)

Is that seat free?(この席は空いていますか?)

Excuse me, is this seat free?
(すみません、この席は空いていますか?)
別の表現例:Excuse me, is this seat taken? →「この席は取られていますか?」空いている場合は「No, it isn’t.」、空いていない場合は「Yes it is.」となる点に注意

急いで!

基本表現

Hurry!(急いで!)

Oh, hurry!
(あっ、急いで!)

Oh no, hurry!
(うわ、急いで!)

Hurry, please!
(急いでください!)

その他の表現(上記以外)

Oh, The next station is New York.
(あっ、次の駅はニューヨークです。)

Oh, The next station is Toronto.
(あっ、次の駅はトロントです。)

This train is really big!
(この電車は本当に大きいです!)
*Yesが付くパターンあり

This train is really dirty!
(この電車は本当に汚いです!)

I always take this train!
(私はいつもこの電車に乗ります。)

持ち物に関する表現

スーツケース

This is my suitcase.
(これは私のスーツケースです。)

Where is my suitcase?
(私のスーツケースはどこですか?)

Oh, do you have my suitcase?
(あっ、あなたは私のスーツケースを持っていますか?)

地図

My map is in my bag.
(私の地図は私のカバンの中にあります。)

Oh, is this your map?
(あっ、これはあなたの地図ですか?)

Do you have a map?
(あなたは地図を持っていますか?)

Do you have my map?
(あなたは私の地図を持っていますか?)

ガイドブック

My guide book is in your bag.
(私のガイドブックはあなたのカバンの中にあります!)

Oh, my guide book is in my bag.
(あっ、私のガイドブックは私のカバンの中にあります。)

No, my guide book is red.
(いいえ、私のガイドブックは赤いです!)

観光案内所に関する表現

観光案内所:the tourist information centerが付いてもOK

Welcome to Toronto!
(トロントへようこそ!)

Welcome to New York!
(ニューヨークへようこそ!)

Excuse me, where is the tourist information?
(すみません、観光案内所はどこですか?)

Is this the tourist information?
(こちらは観光案内所ですか?)

お手洗いに関する表現

過去のセクションの復習を兼ねた表現が出てきます

Oh no, the restroom is dirty!
(うわ、お手洗いは汚いです!)

Excuse me, where is restroom?
(すみません、お手洗いはどこですか?)

Oh, where is restroom?
(あっ、お手洗いはどこですか?)

今回のツッコミ表現

Duolingoのセクション2以降で、思わず「ん?」となるようなツッコミどころ満載の例文(silly sentences)がいくつか出題されます。

本日のsilly sentence

Oh, there is a cat in the restroom!(あっ、お手洗いに猫がいます!)

Oh, my dog is in my bag!(あっ、私の犬は私のカバンの中にいます!)

きのぷー

今回はまだ有り得なくはないシチュエーションではあるか

一見ただの悪ふざけとしか思えないようなセンテンスですが、運営側の意図としてはユーザーの学習効果向上のために、科学的知見に基づいて、わざと風変わりな文章を出題しているからです

「Duolingoでは意図的に一風変わった例文を使い、単語やフレーズの構成を楽しく学べるように設計しています。また、覚えた単語を入れ換えるだけで、様々な場面に応用できます。例えば『イルカが鍵をなくしました』を覚えたら『弟が鍵をなくしました』と言い換えることができるでしょう。これで、実際の会話に備えることができます」

シニア ラーニング サイエンティスト シンディー・ブランコ博士「「一風変わった文章」で学習効果アップ」

出題の傾向と対策

現在準備中です。順次更新いたします

公式ウェブサイト

そもそも「Duolingoって何者?」という方は下記リンクをご覧下さい。運営さん曰く、

「ゲーム感覚の外国語学習体験にハマる人続出?!世界で5億人が愛用する外国語学習の定番サイト&アプリです。」

詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次