【地元ディープツアー】でんでんむし右回りウォーキング【盛岡市地域おこし協力隊が行く】

【地元ディープツアー】でんでんむし右回りウォーキング【盛岡市地域おこし協力隊が行く】
きのぷー

こんぬづわー、元・盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(*> ᴗ •*)ゞ

今日は、盛岡市の市街地を走る都心循環バス、「でんでんむし」のルートを歩いて回ってみました!歩いてみることで新たな発見があるもの。是非最後までお付き合いください(^∀^)ノ

早速行ってみましょう!

目次

でんでんむしとは

「でんでんむし」とは、盛岡市中心市街地を走る盛岡都心循環バスの愛称で、平成12年4月に運行開始しました。

盛岡中心市街地循環バス『でんでんむし』概要
  • 運行事業者:岩手県交通(右回り:松園営業所、左回り:都南営業所)
  • 運行区間:盛岡駅〜盛岡バスセンター〜盛岡駅(循環)
  • 走行距離:1周約5.7km
  • 所要時間:約35分
  • 運賃:どこから乗っても1乗車100円(子ども50円)130円(子ども70円)
でんでんむし一日フリー乗車券
  • でんでんむし一日フリー乗車券もあります(大人300円、子ども150円)(大人350円、子ども180円)
  • 盛岡歴史文化館入館時に同乗車券提示で入館料が20%割引。

※フリーなのは盛岡都心循環バス『でんでんむし』限定

2000年4月の本格運行以来、20年近く運賃は変わらなかったのですが、2021年4月1日、さらに2023年10月1日に運賃が改定されました

岩手県交通の路線でいち早く交通系ICカードでの支払い導入を始めるなど、実は何かと先駆的な路線だったりします

でんでんむし右回りウォーキング

きのぷー

1周5.7キロなので、意外と距離は短いです。途中休憩や寄り道などを挟みながら、2時間ほどかけて1周しました

もりおかえき
盛岡駅
盛岡駅東口でんでんむしのりば

でんでんむしの起点は盛岡駅。のりばは、東口ターミナル南側、15番(右回り)と16番(左回り)ですので、駅南口改札のご利用が便利です

盛岡駅東口15番のりば
右回り線のりばは駅ビル側15番
あさひばし
旭橋
旭橋バス停(右まわり)

盛岡駅の次は旭橋。盛岡駅東口のバスターミナルから近く、徒歩2~3分。名称の由来はバス停の近くに架かる橋の名前から

ホテルメトロポリタン盛岡 ニューウイング前
ホテルメトロポリタン盛岡 ニューウイング
旭橋
旭橋西詰
ざいもくちょうみなみぐち
材木町南口
材木町南口バス停(右まわり)
たくぼくしんこんのいえぐち
啄木新婚の家口
啄木新婚の家口バス停(右まわり)

石川啄木が堀合節子との新婚生活を始めた家が今も残されており、盛岡市街地における数少ない啄木ゆかりの史跡の一つです。入場無料

啄木新婚の家
啄木新婚の家
しょうこうちゅうきんまえ
商工中金前
商工中金前バス停(右まわり)

その名の通り、バス停の前に商工組合中央金庫盛岡支店があります

商工中金盛岡支店
商工中金盛岡支店

 

ちゅうおうどおりにちょうめ
中央通二丁目
中央通二丁目バス停(右まわり)

秋田銀行盛岡支店前。向かい側には浄法寺塗製造元・うるみ工芸さんのショールームがあります。1200年の歴史を持つ浄法寺塗の製造元。浄法寺塗の魅力を最大限に生かした日常使いの漆器づくりが特長です

うるみ工芸
うるみ工芸ショールーム
ちゅうおうどおりいっちょうめ
中央通一丁目
中央通一丁目バス停(右まわり)

この周辺は正しく盛岡の官庁街で、車内でのアナウンスにありませんが、岩手銀行本店前です

岩手銀行本店前
岩手銀行本店
いだいうちまるめでぃかるせんたーまえ
医大内丸メディカルセンター前
医大内丸メディカルセンター前バス停(右まわり)

2019年9月に岩手医科大学附属病院が隣町の矢巾町に移転し、内丸メディカルセンターが開院したことを受け、バス停の名称が「岩手医大前」から「医大内丸メディカルセンター前」に変わりました

岩手医大内丸メディカルセンター
岩手医大内丸メディカルセンター
ほんちょうどおりいっちょうめ
本町通一丁目
本町通一丁目バス停(右まわり)
岩手銀行本町支店前
岩手銀行本町支店
かみのはし
上の橋
上の橋バス停(右まわり)

慶長14(1609)年、南部藩主利直公が中津川に架けた橋。欄干を飾る擬宝珠は慶長14年の銘が刻まれているものが8個、慶長16(1611)年の銘が刻まれているものが10個残っていて、国の重要美術品に指定されています

上の橋
上の橋
上の橋通過
上の橋から見た中津川(県民会館側)
上の橋から見た中津川(県民会館側)

中津川を渡ります

かみのはしちょう
上の橋町
上の橋町バス停(右まわり)
旧井弥商店(いよしょうてん)前
旧井弥商店

2階建土蔵造りの建物。店舗は明治末期、蔵は江戸時代に建てられたものだそうです。1970年の火事で一部修復されたものの、現在も店舗事務所として使用されております。盛岡市保存建造物指定

わかぞのちょう
若園町
若園町バス停(右まわり)
もりおかばすせんたー(しんめいちょう)
盛岡バスセンター(神明町)
盛岡バスセンター(神明町)バス停(右まわり)

盛岡市中心部にあるバスターミナル「盛岡バスセンター」。でんでんむしは盛岡バスセンターの2つののりばに停車します。右回りは東側15番のりば→西側11番のりばの順

盛岡バスセンター跡地(2020年1月11日撮影)
盛岡バスセンター跡地「SIDE-B」

1960年4月~2016年9月まで供用されていたバスターミナル。センター解体後もバスターミナルとしての機能は残り、2022年10月に新盛岡バスセンターの再開業が決まりました

もりおかばすせんたー(ななっくまえ)
盛岡バスセンター(ななっく前)
盛岡バスセンター(ななっく前)バス停(右まわり)

バスセンターの西側、11番のりばへ。かつてショッピングセンター「ななっく」がありましたが、2019年6月に閉店。その後、「monaka」が新たにオープン予定です(2024年7月開業予定)国の重要文化財「岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館」(通称:赤レンガ館)最寄り停留所です

岩手銀行赤レンガ館
岩手銀行赤レンガ館

1911年(明治44年)完成。2012年までの101年間、銀行の建物として使用され、現在は多目的ホール及び展示施設として活用されています。1994年国の重要文化財に指定。日本銀行本店や東京駅丸の内駅舎などを手がけた辰野金吾と、地元出身の葛西萬司が設計を担当しました

中の橋通過
中の橋から見た中津川
中の橋から見た中津川

再び中津川を渡ります

けんちょうしやくしょまえ
県庁・市役所前
県庁・市役所前バス停(右まわり)

西行(盛岡駅方面行き)のりばは市役所側と県庁側の2つありますが、でんでんむしは市役所側に停車

岩手県庁・盛岡市庁・岩手県公会堂
盛岡市役所本庁舎
盛岡市役所本庁舎
岩手県公会堂
岩手県公会堂
岩手県庁
岩手県庁
もりおかじょうあとこうえん
盛岡城跡公園
盛岡城跡公園バス停(右まわり)
岩手公園(盛岡城跡公園)
岩手公園(盛岡城跡公園)

盛岡城跡。1906年に岩手公園として整備され、開園100周年を機に「盛岡城跡公園」の名称が使われるようになりました

都市公園法上の正式名称は現在も「岩手公園」です

さいえんかわとくまえ
菜園川徳前
菜園川徳前バス停(右まわり)

菜園はバス停所在地の地名。地元の百貨店・川徳本店があります

パルクアベニュー・カワトク(川徳本店)
パルクアベニュー・カワトク(川徳本店)
やなぎしんどう
柳新道
柳新道バス停(右まわり)
かいうんばし
開運橋
開運橋バス停(右まわり)
開運橋

北上川に架かる、盛岡駅と市の中心部を結ぶ橋です

ライトアップ開運橋
ライトアップ開運橋
もりおかえき
盛岡駅
盛岡駅東口バス停

盛岡駅(東口)に戻りました

関連ウェブサイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次