【地元ディープツアー】岩手県北エリアでネタ探し【盛岡市地域おこし協力隊が行く】

【地元ディープツアー】岩手県北エリアでネタ探し【盛岡市地域おこし協力隊が行く】
きのぷー

こんぬづわー、元・盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(*> ᴗ •*)ゞ

1月3連休2日目の今日は、岩手県北エリア(岩手町、九戸村、二戸市)を訪ねてきましたーレポートをお届けします。3村町の地域資源をめぐるディープツアー、是非最後までお付き合いください(^∀^)ノ

早速行ってみましょう!

目次

全然行楽日和ではないっす

今朝の盛岡市はがっつり濃霧
今朝の盛岡市はがっつり濃霧

午前中の天気は曇り。今年一番の濃霧でいい感じに視界が悪い😌

全っ然行楽日和じゃないけど、雨や雪が降っているわけではないし、かえってこの天気で人の動きも鈍るとみて決行

いわて沼宮内まではバスで移動

安倍館バス停前

自宅の最寄駅である盛岡駅か青山駅まで歩いていわて銀河鉄道線(以下IGR)に乗ってもよかったのですが、今回はいわて沼宮内(ぬまくない)までバスで移動し、IGRに乗り換えて二戸を目指します

ざっと料金比較
  • 盛岡→二戸
    • 東北新幹線利用 3,040円(乗車券1,170円 特別料金1,870円)20分
    • IGR利用 2,000円 69分
  • 青山→二戸
    • IGR利用 1,850円 65分
  • (岩手県北バスB11系統) 安倍館→いわて沼宮内駅前 54分 850円
    IGR いわて沼宮内→二戸 35分 1,080円 合計1,930円

青山から乗っていくのが最安値だが、沼宮内に立ち寄るのもいいかなと思い、ここは敢えてのんびり行くことにしました。

いわて沼宮内駅~ここは岩手県岩手郡岩手町

いわて沼宮内駅
いわて沼宮内駅

バスで約1時間、いわて沼宮内駅に着きました。

ここは岩手県・岩手郡・岩手

東北で唯一県・郡・町名が全部同じな、盛岡市の北隣りの町

ホッケーの町・岩手町
ホッケーの町・岩手町

岩手町はフィールドホッケーが盛んな町だと伺いました。1970年の岩手国体において、同町がホッケー競技の会場地に選ばれたことがきっかけ。それまでホッケーに縁もゆかりもなかったところから、地元の体育の授業にも盛り込まれ、日本を代表する選手を沢山輩出してきました。

いわて沼宮内駅 東北新幹線改札

新幹線の駅があるし当たり前なんやけど、でかい!その割に利用客はそんなに多くないので、普段は大型連休や通勤通学ピーク時以外は基本静か

同駅における2018年度の一日平均利用客は東北新幹線で83人(日本で3番めに利用客が少ない)、IGRで869人

岩手広域交流センター「プラザあい」
岩手広域交流センター「プラザあい」

もっと驚いたのは、駅舎に隣接する(というかほぼドッキング状態やし)3階建てのでかい駅ビル!町の複合施設「プラザあい」で、多目的ホールや会議室、観光・物産コーナー、レンタカー受付窓口等があります

町の名物「いわて北緯40度まんぷくそばフェスタ」(毎年2月)の会場もこちら。地元の方はもとより、岩手県北地域の交流拠点となっているようです

IGRに乗り換え、二戸へ

いわて沼宮内駅ホーム

いわて沼宮内からはIGRに乗り、二戸に向かいます

なお、沼宮内からこの列車に乗車したん、オレひとり

いわて沼宮内駅に到着した列車(金田一温泉行き)

バス待ちの時間で二戸駅周辺をウロウロ

いわて沼宮内から列車に揺られて40分ほどで二戸に着きました

6月の企業訪問以来なのでほぼ半年ぶりやね

ここからさらにバスに乗り換え、九戸村の「道の駅おりつめ」に向かいます

バスの出発まで少々時間があるので駅周辺をウロウロ

カシオペアメッセ・なにゃーと
カシオペアメッセ・なにゃーと エントランス

二戸広域観光物産センター「カシオペアメッセ・なにゃーと」が駅に隣接。物産センターと名乗ってますが、展望タワーやコワーキング、サテライトオフィス、ホールなどもあるので、複合交流施設やね。

なにゃーと物産センターロゴ

地元に古くから伝わる伝統的な盆踊り「なにゃとやら」から名付けられました。猫はこれっぽっちも関係ないみたいっすね

猫キャラも関係ありません
猫キャラも関係ありません
二戸駅東口
二戸駅東口

駅前の飲食店どこもうめーんだ(と聞いた)。日を改めてお伺いしたいね。

スワロー号に乗って九戸村へ

二戸駅東口バスのりば
二戸駅東口バスのりば

九戸へは、二戸⇔久慈を結ぶ都市間バス「スワロー号」に乗ります。途中、九戸村と軽米町を経由します。

九戸と軽米は鉄道が通っていないので、バスが貴重な交通機関なのです

東京方面行きの夜行バスも通ってますよ
九戸:岩手きずな号(九戸インターオドデ館)久慈⇔東京 
軽米:シリウス号(かるまい文化交流センター)七戸十和田⇔東京

道の駅おりつめ「オドデ館」(九戸村)

道の駅おりつめバス停
道の駅おりつめバス停

二戸からバスで約30分。九戸村の「道の駅おりつめ」に到着、ここで下車します

盛岡駅から県北エリアにアクセスができる高速路線バス「久慈こはく号」と「白樺号」もありますが、IGRさんの「きたいわてぐるっとパス」を使って県北エリアを周回するのも面白そうなのでいつかトライしたいっす

唯一訪れたことがなかった岩手県の「村」

2024年2月19日現在、岩手県にある村は普代村、野田村、田野畑村、九戸村の4村

普代、野田、田野畑は三鉄で通ったことはあったけど、九戸は来たことも通過したこともなかったので、一度行ってみたかった場所

きのぷー

岩手県全市町村訪問訪ねました

ものづくり推進課

岩手県出身ではないのに、おぬしやるな・・・

オドデ館とオドデ様

オドデ館とオドデ様

道の駅おりつめにある産直施設は「オドデ館」と呼びます。オドデ館の前にはオドデ様というフクロウのような像が祭られております。

オドデとは地元に伝わる民話に登場する怪鳥「オドデ様」のこと。折爪岳に住んでいて、上半身がフクロウで下半身が人間の様な出で立ちで、人間の言葉を話し、運勢や天気、病気を言い当てるなど不思議な力を持っていると言われています。

民話の中で、初めてオドデ様と出会った牛方に「鳥だべが、人だべがと思ったな。ドデン、ドデン」と相手の心を読んで繰り返し語りかける場面があります。

なるほど、オドデってそういうことか。

きのぷー

東京さくらトラムは

ものづくり推進課

トデン、トデン…って何言わせる💢

オドデ館内

オドデ館内の風景

木のぬくもりを感じさせるオドデ館内。産直、地場産品、お土産、手づくり工芸品など多数のアイテムを取り扱ってます。

産直・新鮮野菜
産直・新鮮野菜
楢の黒炭
楢の黒炭
手づくり工芸品
手づくり工芸品
大谷煎餅店の南部煎餅
大谷煎餅店の南部煎餅

所変われば南部煎餅変わる!?地元・九戸村の大谷(おおや)煎餅店謹製の南部煎餅でござい。

地元の木工品、伝統的工芸品
地元の木工品、伝統的工芸品

家具を中心とした伝統的工芸品、木工品を展示しているスペースがありました

レストランでランチ

オドデ館内レストラン店内
オドデ館内レストラン店内

せっかく九戸まで来たんやし、ここで食事しないわけにはいかん。今回は

ひっつみ定食
ひっつみ定食

鶏出汁のきいた郷土料理「ひっつみ定食」をいただきました✨✨

きのぷー

村として鶏料理を推してるっぽいっすね。これがほんまの推しメンならぬ推し鶏

ものづくり推進課

鴛鴦(オシドリ)に引っ掛けてるつもりかよ💢

レストランの麺類
レストランの麺類

麺類も種類が豊富。「政実ラーメン」「おどでラーメン」ってめっちゃ気になんねんけど!また来いってことやな

オドデ館ふれあい市場「ふるさとの味処でんでん亭」
オドデ館ふれあい市場「ふるさとの味処でんでん亭」

なお、道の駅おりつめにはオドデ館内の他、「でんでん亭」というお食事処があります

何かとネタが豊富なオドデ館。これだけではありません。館内に気になるモノを見つけました

「天下に喧嘩を売った男」九戸政実コーナー

戦国ダンシ・九戸政実グッズコーナー
戦国ダンシ・九戸政実グッズコーナー

1つ目。「天下に喧嘩を売った男・九戸政実(くのへまさざね)」と銘打って、オリジナルグッズの販売をしていました

九戸政実は、戦国時代末期、天下統一に突き進む豊臣秀吉への反旗を掲げて戦った地元の武将。現在も政実にゆかりの史跡等が地域にたくさん残されていることもあり、政実を活用した地域振興、観光客誘致に取り組んでいらっしゃるようです

キングオブチキン(オブチキ)

オブチキグッズコーナー
オブチキグッズコーナー

九戸村は岩手県屈指の鶏肉産地。それをPRしようと、九戸村商工会青年部さんが「キングオブチキン(オブチキ)」と題し、オリジナルキャラクターをデザインしたTシャツなどのオリジナルグッズを販売しています

チキンと言えば、宮崎県の延岡の「チキなん番長」もいるねー。

あま茶の里

九戸村はあま茶の産地。名前の通り、甘いお茶です。

あま茶の甘味成分はフィロズルチン。砂糖の200倍もの甘さがあると言われながら、糖質の甘みではないため低カロリー、ノンカフェインの食材として注目されているそうです。

ドイツやベルギー、イギリスに輸出されているそうです。2012年にはロンドンのMomo Cha Fine Teas社(現在は閉業)がイギリスの権威ある食品コンテストGreat Taste Awardに九戸村の甘茶を出品し、最高賞の3 Starを獲得しました。

製造元は九戸村の地域商社「九戸村ふるさと振興公社」。ジェトロ盛岡との連携で海外展開を実現させたんやろうけど、今後の自分のビジネスの参考になるやろうから話を聞いてみたい。

盛岡の○○○○とコラボ!?

あま茶アロニア
あま茶アロニア

九戸村ふるさと振興公社さんでは様々なあま茶の商品を製造販売していらっしゃいますが、「あま茶アロニア」なるものを見つけてしまった。

しかも盛岡市産のアロニアってはっきり書いてあるから、砂子沢の農家さんと共同開発して商品化したんやろうね。知らなかった。。。

オドデ館周辺を散策

田舎の古びた建物や施設も、見方を変えれば斬新なネタ、地域資源になり得る

スワロー号の車窓から見たオートスナック九戸なる建物がやたら気になったので訪ねてきました。

折爪岳
折爪岳

道の駅おりつめの名前にもなっている折爪岳(標高852メートル)オドデ館からもよく見えます。360度の大パノラマは八戸の海、太平洋の日の出、岩手山を眺望することができるそうです

24時間営業 オートスナック九戸
オートスナック九戸

昭和感満載の建物。ゲームスポットとラーメン屋が併設。建物の前に駐車スペースが広いので、昔はここが長距離ドライバーさんの休憩所だったものと思われます

それこそ、道の駅おりつめができる前からあったんでしょう。コンビニエンスストアすら珍しい時代に24時間営業は貴重だったはず

写真左の「ラーメン(屋)」はやってませんでした。

オートスナック九戸 ゲームスポット
オートスナック九戸 ゲームスポット

ゲームスポットって言うからにはゲーム機があるんやろうなと思っていったら、スロットマシンがメイン。クレーンゲームが少々。そこそこ筐体は揃っているのに何とも言えぬ寂しさが漂ってますな。。

これがオートスナックだ
オートスナック九戸店内

オートスナックって要は飲み物とカップヌードルの自販機のことでした。無人化、オートメーション化が巷で話題になってるけど、とうの昔に日本の田舎にセルフサービスが存在してた事実

健康志向、分煙なんてあったもんじゃない。全席喫煙。タバコ臭100%。

自販機の隣にこれ見よがしにスロットマシン置いてるのはなぜにw

謎の貸し出し小屋
貸し出しスペース?

建物の脇にある2つの小屋。貸出中ってランプがあるのでお客さんに貸し出してるんやろうけど。休憩所?貸スペース?カラオケボックス?

Uターンのスケールが違いすぎる

このまま軽米や久慈に行ってもよかったけど、三陸鉄道が全線復旧してからに楽しみを取っておきます。

二戸にUターンし、次の目的地は前々から気になっていた「金田一温泉」を訪ねます。

スワロー号で二戸に引き返します
スワロー号で二戸に引き返します

金田一温泉(二戸市)

漆掻き職人さんの顔出しパネル
二戸駅の顔ハメパネル

二戸駅まで戻り、ここから少し北上し、青森県鏡に近くにある温泉街「金田一温泉」を訪ねます♨
温泉街はそれほど大きくありませんが、IGRの発着駅ということで、知名度はある

きんたいち?きんだいち?
金田一温泉駅
金田一温泉駅

「金田一」の読み方は「きんたいち」が正解。ただ、実際は「きんだいち」「きんでいぢ」「金デイジー」でも問題なそうな感じ

昔ながらの建物がまだまだ健在

金田一温泉郷は駅から2キロ離れたところにあるので、徒歩で向かうがてら、駅周辺も散策してみます

田舎に行くと昔ながらの建物がまだまだ多いです。

日本もロンドンみたいにもっと昔の建物を活用してもいいと思うのだが、、、

五日市酒店
五日市酒店

徒歩で温泉街へ

金田一温泉郷案内板
金田一温泉郷案内板

金田一温泉郷まで歩きます。今回は昔ながらの雰囲気を味わいたくて侍の湯 おぼない旅館さんを訪ねることにしました

国道4号線の案内板
国道4号線の案内板
田園風景と思われる
温泉地を流れる馬淵川
温泉地を流れる馬淵川

おぼない旅館さんにて

おぼない旅館
おぼない旅館

20分ぐらい歩き、目的地「おぼない旅館」に着きました

ちょうど私が来たときは団体の宿泊客が多く、また、首都圏はじめ遠方から多数のお客様がお見えになられていました

しかも、そうした遠方からのお客様がリピーターで互いが顔なじみのような挨拶を交わしていたのが驚き

でも女将さんのおもてなし精神溢れる振る舞いを見れば、また来たくなるのも頷けます

そんな状況なので、ぷらっと日帰り温泉に来た私は待つことに

長く待つことになるかと思っていたら、10分足らずで混雑が落ち着いたようで、ご案内いただきました

温泉入口
温泉入口

温泉は弱アルカリ単純泉。効能はアトピー、湿疹、皮膚病、リウマチ、神経病

昭和な雰囲気があるので、浴槽もそれなりの年季を感じさせますが、それがまたいい!

おぼない旅館内の様子
おぼない旅館内の様子
おぼない旅館内の様子2
おぼない旅館内の様子2

ここでゆっくりくつろぎたくなるような雰囲気。このまま滞在したいところやが、そうも言ってられないので、小1時間ほど温泉でのんびりして御暇しました。

金田一温泉郷の入口
金田一温泉郷の入口

湯冷まし兼ねて帰りも徒歩で駅まで

駅に着いて切符を買おうと思ったら、券売機があらへん!!!窓口もとっくに閉まってる!

しょうがないので、切符を買わずに乗車して、青山駅で精算することにしました。

駅の待合室がプチ図書館
駅の待合室がプチ図書館
金田一温泉始発盛岡行き

金田一温泉から盛岡駅の手前、青山まで乗って帰りました

IGR青山駅青山南口

切符を回収している駅員さんに事情を話して精算

駅員さんから、切符うりばで青山発金田一温泉行きの切符を買ってそれを渡してちょうだい

きのぷー

その発想はなかった

お疲れさまでした。自分!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次