【盛岡市地域おこし協力隊が】令和元年度 第1回 起業家塾@もりおか 最終講【チャレンジ中】

【盛岡地域おこし協力隊が】令和元年度 第1回 起業家塾@もりおか 最終講【チャレンジ中】
きのぷー

こんぬづわー、元・盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(*> ᴗ •*)ゞ

早いもので、「起業家塾@もりおか」の講義は今日で終了。と言っても、今日は講義はなく、受講者各自が作成した創業計画書をもとに3分程度で自身の起業についてプレゼンテーションしました。是非最後までお付き合いください(^∀^)ノ

早速行ってみましょう!

目次

今日のお題はこちら

きのぷー

各人が創業計画書をもとにプレゼンテーション

スクロールできます
開催日時テーマ
第1回 前期:8月22日(木)1.起業をするとはどういうことか?
サラリーマンとの違い
起業は「楽しさ」も「苦しさ」も3倍!

2.起業のプロセスを理解する
(1)起業の領域の決定
(2)商品を具体的に検討する(誰に・何を・どのように)
第2回 前期:8月29日(木)3.起業のプロセスを理解する
(1)事業性の確認(実際に儲かるの?売れるの?)
(2)必要な資金の手当
(3)実行計画策定
(4)起業(月単位など短いサイクルでPDCA)
第3回 前期:9月5日(木)4.事業の本質は「顧客の要求を満たすこと」
(1)時代によって要求は変わる
(2)「顧客の要求」は「商品そのもの」だけではない
(3)「誰に?」。ターゲットが変われば「要求」が変わる
第4回 前期:9月12日(木)5.事業開発・商品開発の発想方法
6.最低限の数字管理
7.事業タイプ別の注意点
第5回 前期:9月19日(木)◆ワークショップ1:自らの「事業スケルトン」作成1
本音のWHY表出→顧客と提供商品・サービス→一覧表に記入
→想定価値を埋め込む→有力事業のユニット化
→事業ユニットの増強と深耕
→宿題=顧客インタビューワ・日程化→実行計画の策定
第6回 前期:9月26日(木)→今回はここ◆ワークショップ2:計数化・日程化
・計数化(収支計画・資金計画)
収支計画の作成と確認→資金確保について
・日程化→実行計画の策定

💡 本日のキモ 💡

近々創業予定で、がっちり作り込んだ方もいらっしゃいましたが、私含め今すぐ起業することが現実的に難しい受講者の方が殆ど。

それでも、実際に創業計画書を作り、発表することで、起業に必要なことが明確になったのではないかと思います。

私自身、中国における盛岡ブランドのアウトバウンド事業と貿易実務代行業で創業計画書を作りました。

講師の田中課長からは、

講師からのアドヴァイス
  • 取引先の国を一つに絞った方向性はいいと思う
  • (為替変動など)金融面のリスクには気をつけたい

などのアドヴァイスをいただきました。

今回の講座の所感

きのぷー

ここからが本当の勝負

令和元年1回めの起業家塾はこれにてお開き。起業の原理は田中課長から学びました。あとは、それをどこまで現実に応用できるか、ですね。

創業後3年以内に7割の起業家が市場から撤退を余儀なくされる中、起業家塾を卒業した起業家の半数が、創業3年後も事業を継続しておられます。

地域おこし協力隊任期終了後、その一人に連なることができるよう、準備を進めて参りたいと思います。

バックナンバー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次