【盛岡市地域おこし協力隊が】令和元年度 第1回 起業家塾@もりおか 第2講【チャレンジ中】

【盛岡地域おこし協力隊が】令和元年度 第1回 起業家塾@もりおか 第2講(前半)【チャレンジ中】
きのぷー

こんぬづわー、元・盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(*> ᴗ •*)ゞ

今日は「起業家塾@もりおか」第2回の模様をお届けします!是非最後までお付き合いください(^∀^)ノ

早速行ってみましょう!

目次

今日のお題はこちら

スクロールできます
開催日時テーマ
第1回 前期:8月22日(木)1.起業をするとはどういうことか?
サラリーマンとの違い
起業は「楽しさ」も「苦しさ」も3倍!

2.起業のプロセスを理解する
(1)起業の領域の決定
(2)商品を具体的に検討する(誰に・何を・どのように)
第2回 前期:8月29日(木)→今回はここ3.起業のプロセスを理解する
(1)事業性の確認(実際に儲かるの?売れるの?)
(2)必要な資金の手当
(3)実行計画策定
(4)起業(月単位など短いサイクルでPDCA)
第3回 前期:9月5日(木)4.事業の本質は「顧客の要求を満たすこと」
(1)時代によって要求は変わる
(2)「顧客の要求」は「商品そのもの」だけではない
(3)「誰に?」。ターゲットが変われば「要求」が変わる
第4回 前期:9月12日(木)5.事業開発・商品開発の発想方法
6.最低限の数字管理
7.事業タイプ別の注意点
第5回 前期:9月19日(木)◆ワークショップ1:自らの「事業スケルトン」作成1
本音のWHY表出→顧客と提供商品・サービス→一覧表に記入
→想定価値を埋め込む→有力事業のユニット化
→事業ユニットの増強と深耕
→宿題=顧客インタビューワ・日程化→実行計画の策定
第6回 前期:9月26日(木)◆ワークショップ2:計数化・日程化
・計数化(収支計画・資金計画)
収支計画の作成と確認→資金確保について
・日程化→実行計画の策定

本日のキモ

  • 商品・サービスを考えていく上で、相反する提供価値が発生しないように注意
  • 商品を検討する切り口5W1Hのうち、特に「どのように」を更に深く考える
    • ポイントは他社との差別化につながる工程
  • 「選択と集中」→経営資源は有限
    • 「経営とはやらないことの選択である」(ジャック・ウェルチ)
      • ありとあらゆる「お客様ニーズ」をただ1社の企業がすべて満たすことはできない。「ニーズの無限性と資源の有限性」という真理が、世界一の大企業であるGE社に「選択と集中」という選択を取らせた
        →中小零細の事業者はなおさら事業や商品を取捨選択し、そこに集中して資源を投じる必要がある
  • 顧客をどう満足させるか?
    • 経済学者マイケル・E・ポーターの競争戦略より
      • 中小零細企業の基本戦略は「差別化集中戦略」(ただし、一部コストで勝てる業種もある)
    • D.F.エイベル理論をベースとする水島温夫式の「顧客から見た事業価値」法を使い、中小零細企業の戦略を考える→カギは「ソリューション」「ベストパートナー」「こだわり」
  • 事業性の確認
  • テスト・マーケティングの重要性
    • マーケティングの4P「商品」「販売価格」「販売チャネル」「販促広告」
    • テスト・マーケティングでの失敗事例
      1.「本音を聞けなかった(=テスト・マーケティングの相手を間違えた)」
      2.「幅広く余地を確認できなかった(=他社に同様の商品を開発されてしまった)」
      3.「付加価値を確認できなかった」
    • 中小企業は「想定顧客への売り込み」を行うことでテスト・マーケティングするのがおすすめ
      理由1:「求めていること」が正確に把握できる(ここが悪い、ここが良い)
      理由2:「営業活動」を兼ねることができる(ブラッシュアップで顧客化可能。無駄になりにくい)
      理由3:対象が明確であるため、範囲を限定して反応を見ることができる
    • また中小企業においてはポイントを押さえたテストを実施すべし
      • 例:飲食店
        (1)コンセプトを説明する(お店の全体像として意見を聞く)
        (2)価格を聞く(コンセプトを理解した上で試食。こちらから価格提示はしない)
        (3)厳しい意見を聞く(友人に聞く際には自分の商品であることを伏せる)
        (4)対象を広げる(余裕があれば想定顧客を広げる。思わぬ反応を示す顧客層が発掘できることも)
    • テスト・マーケティングは起業後も続く
      • 例:ジャニーズ事務所(当時)
        ジャニーズJr.やバックダンサーでテスト・マーケティング
        反応の良かった商品に対して歌や踊り、トークを修正し投資額を大きくする
        ファン(顧客)に新商品を聞く。飲食店で言う裏メニュー。定石
        顧客を飽きさせない効果もあり、次の新商品も育つ
  • 営業なくして開発なし
    • Noの裏返しはYes→Noというには理由がある。Noはチャンス
      →顧客のニーズをクリアすべく開発に反映させ、また営業
    • 営業やテスト・マーケティングにより顧客から直接意見を吸い上げなければ良い商品・サービスは作れない
      →顧客へ営業(テスト・マーケティング)するのは商品完成前
  • 差別化で大きな市場から小さい市場を抜き取る。どこに特化するかに注目
    • 例:ラーメン市場(大きい)→「辛い」ラーメン市場を抜き取る
      抜き取った小さい市場で1番になり、固定客を定着させる
  • 収支計画書で試算し、儲けられるかどうかの判断をする(参考)中小機構 モデル事例

「テスト・マーケティング」の結果をどう読むか? 例:想定客10人の意見
(狭い市場で戦うのなら)10人の平均的な評価よりも3人の熱狂的な評価を優先するほうが有効なことが多い
平均的な良さ=ある程度売れる→ターゲット層を広くすると良い。ただし価格競争に注意

💡 起業のプロセス 💡

それぞれのフローで難しいと判断したら1段階戻る

STEP
起業の領域を決定
STEP
提供する商品のイメージ

(誰に・何を・どのように)

STEP
事業性の確認

(実際に儲かるの?売れるの?)

STEP
必要な資金を手当て

(1)これまでのプランを実行するための資金を算出
(2)調達方法を検討する
順番が大事!逆は×!

STEP
実行計画策定

期限のない計画は計画とは呼べない

STEP
起業(月単位など短いサイクルでPDCA)

PDCAを回すためには
(1)細分化した目標の設定
(2)成果だけでなく、プロセスにも目標を設定
(3)短いサイクルで確認→対策を打つ→週間、月間、四半期、年間

今回の講座の所感

今日は起業の「き」のベースにして肝心要のお話でした。ここをおろそかにして土台づくりは有り得ないということやね。基本に忠実に、行き詰まったときに立ち返るべき原点を作れるよう、取り組んでいきます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次