【盛岡市地域おこし協力隊】2019年5月26日週の活動報告

盛岡市地域おこし協力隊活動Weeklyダイジェスト
きのぷー

おばんでがんすー、元・盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(*>ᴗ・*)ゞ

地域おこし協力隊きのぷーのウィークリーダイジェスト!
今日は2019年5月26日週の活動報告ですー!

目次

活動した内容

つなぎ総合サイトWebページ作成及び情報収集

ブログ箇所の更新とデザインの細部調整

5/27 釜石市訪問

今年7月27日開催予定の『リポビタン D チャレンジカップ パシフィックネーションズ 2019 日本ラウンド「日本代表対フィジー代表」戦』の釜石市民・岩手県民向け優先販売の申し込みのために釜石市を訪問し、日中は鵜住居地区のうのすまい・トモス釜石鵜住居復興スタジアムを訪ねるとともに、周辺地域における復興に向けたまちづくりの様子を視察してきました。

その後情報交流センターで上記試合のチケットの申込みを済ませ、最後に釜石市役所商業観光課に派遣されているものづくり推進課のM主査と面会してきました。

6/1 東北絆まつり2019福島 取材

「東北絆まつり2019福島」メインステージ

6月1日~2日、福島市で開催された「東北絆まつり2019福島」に業務で視察しました。午前中に福島市役所前のメイン会場及び周辺サブ会場4箇所を訪問し、午後は市役所近くでパレードを観覧しました。なかんずく、間近で見る東北6祭りパレードは圧巻でした。

東京2020 オフィシャルショップ 福島店へ

その前に6/1夕刻、福島市丸子の「コジマ×ビックカメラ 福島店」内に開設されている東京2020オフィシャルショップ 福島店を訪問しました。こちらで地場産品の赤べこや大堀相馬焼をはじめ、南部鉄器や玉虫塗などといった岩手、宮城、福島3県の伝統工芸品のオフィシャルライセンス商品が販売されていました。市街地より少し離れた場所にありますが、店員さんの話では入荷待ちの商品もあるとのことで、人気は上々のようです

東京2020オフィシャルショップ 福島店にて

5/30 令和元年度第7回ものづくり推進課地域おこし協力隊課内ミーティング

私、課長、課長補佐、係長、担当職員出席のもと定例ミーティングを開催

今回のトピックス
  • 協力隊員活動報告書の内容に沿って、先週の活動を報告
  • 翌週、翌々週の活動予定を報告

課題等(感想や今後の取組への課題)

せっかく全国各地にたくさんあるんやし

伝統的工芸品ハンドブック

私自身の地域おこし協力隊としてのミッションのひとつに「盛岡地域の手仕事の魅力の掘り起こしや情報発信」があるのですが、、、

今秋、岩手県で「伝統的工芸品月間国民会議全国大会」が開催されることもあり、盛岡広域に限らず全国各地にある伝統工芸品のことを知らないといけないと思い、職場の本棚に置いてあった『伝統的工芸品ハンドブック』を引っ張り出してきて順番に読み進めてます。

全国各地に230を超える伝統的工芸品があるようですばらしいと思う一方、日常でお目にかかる機会も少ないのも勿体ないなー、、、と。

飲食店など、積極的に活用しているところないかな。

盛岡市都心循環バスでodecaの実証実験

来週6月1日(土)より、盛岡中心市街地循環バス「でんでんむし」において、気仙沼線と大船渡線のBRTで導入しているICカード乗車券「odeca(オデカ)」の実証実験をスタートさせるという話を聞きました

やっとかよ待ってました⭐️

でんでんむしでバスカード廃止ってきいて正直まじかよと思ったけど、そういうことやったのか。

岩手県交通の路線バスは依然「現金&バスカード」文化やし、これをきっかけに路線バスにも波及せえへんかな。

来年度末と言わず早く導入してほしいっす。

その他(連絡、要望事項等)

6/10-11に宮古市で開催される「三陸ガストロノミー国際会議」への参加を検討中。
参加可否及び参加日時含め最終調整中です。

課からのアドヴァイス等

協力隊員の今後の活動予定について

「クラフトPARKたかまつ」出店者との連携
ものづくり推進課

「クラフトPARKたかまつ」に出展した工房を訪問し、工房を知り、クラフト・工芸のネットワークの一員に足る工房であれば(例えば、趣味や趣味の延長のようなものや小売業を除く)、地場産業振興センターが構築しているネットワークや独自のネットワークの構成員に迎えられるよう、研究されたいこと。訪問先は当方の判断に任せる

きのぷー

活動内容に直接リンクしないと思われるで行かなかったです

三陸国際ガストロノミー会議への参加について
ものづくり推進課

地域資源を活かした料理の開発、地域資源の発信面で参考になる催事と考えられるが、会議のスケジュール及び講演内容がはっきりしないことから、まずこれらの情報を確認し、参加希望スケジュールを作成してから再度協議

その他(連絡、要望事項等)

2019年度第2回地方創生実践塾in岩手県紫波町への参加について
ものづくり推進課

参加の方向で検討中であるが、賛助会費10,000円の支出が必要であり、地域おこし協力隊のとりまとめ課である企画調整課にて賛助会費の支出についてどう考えているのかを確認後、対応を決めることにした

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次