【盛岡市地域おこし協力隊が】盛岡市新建設計画事業の現地視察会に【行ってきました】

【盛岡市地域おこし協力隊が】盛岡市新建設計画事業の現地視察会に【行ってきました】
きのぷー

こんぬづわー、元・盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(*> ᴗ •*)ゞ

今回は5/9に開催された、盛岡市企画調整課主催「盛岡市新建設計画事業現地視察会」に参加しましたーレポートをお届けします!

企画調整課からのお誘いをいただいての参加でしたが、盛岡市が注力しているまちづくりの一端を窺い知ることができました。是非最後までお付き合いください(^∀^)ノ

早速行ってみましょう!

目次

今回訪問した場所

盛岡市が現時点で考えている建設計画に挙がっている場所を訪ねつつ、担当の職員の方から現在の進捗状況等についてご説明をいただきました。

今回の訪問した場所
  • 午前(玉山地域)
    • 姫神ウィンドパーク、サクラパーク姫神
    • 狐沢・岩鼻地区新産業等用地候補地
    • 啄木の里づくり予定地、渋民公園
    • 松内地区コミュニティセンター
    • IGR渋民駅
  • 午後(盛岡市西部)
    • 岩手県営運動公園(登攀競技場)
    • JR新駅予定地(前潟)、盛岡IC付近ごみ処理施設整備予定地
    • 太田地区土地区画整理事業、向中野七丁目306街区
    • 道明地区土地区画整理事業(新産業等用地整備予定地含む)
きのぷー

1日かけて現地視察をしてきましたが、その中から何ヶ所かをピックアップしてご紹介します

姫神ウィンドパーク

最初は、盛岡市内にある風力発電所、「姫神ウィンドパーク」

姫神ウィンドパークの風車

岩手県内にある5カ所の風力発電所の1つで、姫神山南部の山麓に設置されております。2019年4月に運転が開始されたばかりのできたてホヤホヤ☆彡。

年間を通じて主に南西方向から強い風が吹いており、担当者の話だと、風力発電に最適な地であると伺いました。

発電量は約4,600MWh。これは約1万世帯分の年間使用量に相当するそうです!

姫神ウィンドパークの風車は全部で9基。地面から風車のハブまでの高さは78メートル、風車の直径は86メートル。写真でその大きさがお伝えしきれませんが、間近で見るとその大きさに圧倒されます。

サクラパーク姫神
サクラパーク姫神

姫神山からの下山途中に、地元の桜の名所である「サクラパーク姫神」を通過。一万本にも及ぶオオヤマザクラの光景は圧巻です!

姫神山下山途中の桜並木
姫神山下山途中の桜並木

石川啄木の生育地・日戸地区

石川啄木生誕の地・日戸地区の風景
姫神山の麓。日戸地区の風景

姫神山から渋民に向かう途中、歌人・石川啄木生誕の地、日戸(ひのと)地区内を通っていきました

石川啄木=盛岡・渋民のイメージが強いですが、当時はまだ日戸村だったので厳密に言えば日戸村生まれの渋民村育ち、なんですね。

渋民公園

お休み処 啄木の駅
飲食店、啄木グッズや産直野菜を販売している「啄木の駅」

続いての目的地は、盛岡市玉山総合事務所の向かいにある渋民公園。盛岡市が先般東京都文京区との友好都市を提携し、この地に記念植樹を今年8月に行う予定とのこと。

渋民公園から見た姫神山
渋民公園から見た姫神山
使用する牛の革によって仕上がりが変わります
1922年4月建立の第1号啄木歌碑

1922(大正11)年4月に建てられた第1号啄木歌碑。「やはらかに柳あをめる北上の岸邊目に見ゆ泣けとごとくに」の和歌が刻まれております

岩手県営運動公園

盛岡市みたけにある岩手県営運動公園。こちらは陸上競技場、グラウンド、軟式野球場、テニスコート等を兼ね備えた施設ですが、今回は、公園内にある登はん競技場を見学しました。

岩手県営運動公園屋外登はん競技場
屋外登はん競技場
屋外登はん競技場を下から見上げてみた
間近で見上げてみた

平成30年4月に右側のスピード施設がオープン。雨風を防ぐ屋根や壁を備えたスピード施設としては国内初!スポーツクライミング3種目(ボルダリング、リード、スピード)を備えた公設施設としても国内2例目なんですって!

3種目の施設が1つの場所でできるようになったことは画期的で、2020年東京オリンピックでは3種目複合(コンバインド)が正式種目となることもあり、国際大会や合宿での活用が期待されています。

屋内登はん競技(ボルダリング)場
屋内登はん競技場

盛岡市広域8市町の「盛岡広域スポーツコミッション」や盛岡市の「スポーツパル」制度など、スポーツを通じた地域振興に取り組んでおり、本施設が大きな役割を果たすことは間違いないでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次